福岡県で 雛人形・五月人形・鯉のぼりの販売をしております、人形の徳川です。
人形の徳川へのお問い合わせ     
0929391181
店舗案内


羽子板は、平安、室町時代に宮中の遊具として使われていた日本独特のものです。
江戸時代になるとお正月のお 飾りとして人気を得るようになりました。やがて、初日の出、宝づくし、福の神等が描かれた羽子板がお正月の厄払いになるといわれ、女の子の誕生祝、健やかな成長を願う贈り物として美しい伝統となりました.


羽子板は12月中旬頃から飾り、しまうのは1月15日頃が良いでしょう。尚、羽子板はお正月だけではなく雛人形の脇飾として、またはお部屋のインテリアとして年間を通してお飾りいただいても構いません。

破魔弓は、元々魔よけ、お正月の神占、年占という意味で、神社などでは古くからあったものです。武家が成長してきた平安末期から鎌倉・室町時代、武士のたしなみとされた弓矢が男児の誕生の正月に贈り物として喜ばれるようになり、やがてこの行事は一般市民の間にも浸透し男児の健やかな成長を願う縁起物として贈られるようになりました。


破魔弓は12月中旬頃から飾り、しまうのは1月15日頃が良いでしょう。尚、破魔弓はお正月だけではなく五月人形の脇飾りとして、またはお部屋のインテリアとして年間を通してお飾りいただいても構いません。

源氏物語の中に「ひいな遊び」という言葉があるように、このころの貴族の幼児たちは、お人形遊びをしていました。また同じ頃、上巳の節句という行事があり三月初めの巳の日に生まれた子供が元気に育ちますようにと願いを込めて作った紙人形、つまり「紙びな」で子供の体をなでて、その紙雛に厄難を移しそれを川や海に流しておはらいしていたのです。この上巳の節句とひいな遊びが結びついて生まれたのが、ひな祭りの起源といえるでしょう。


雛人形は立春(2/4)頃から飾り、三月中旬までにはしまいましょう。
地域によりますが当社周辺では月おくれの4月3日にお祝いする事も多いようです。

鎌倉時代ごろから「菖蒲」が「尚武」と同じ読みであること、また菖蒲の葉が剣の形を連想させることなどから、端午は男の子の節句とされ、男の子の成長を祝い健康を祈るようになりました。端午の節句には厄払いに菖蒲を用いることから、別名「菖蒲の節句」と呼ばれています。また、鎧 兜には男子の身体を守るという意味合いが込められています。

只今、店内の展示はありません。

五月人形は四月中旬頃には飾りましょう。
 ポールの建て方→  ポールの選び方→→→
端午の節句を祝う鯉のぼりは、鯉が黄河の急流をのぼり、滝を飛翔すると龍に変化し出世すると言う中国の登竜門の伝説にあやかり、我が子の健やかな成長と出世の願いを込めて大空に揚げたのが始まりとされています。現在では様々鯉のぼりがあり親が我が子を大切に思う願いが込められた鯉のぼりが青空を優雅に泳いでいます。

店内の展示は3月10日からです。

ご兄弟が増えたら、鯉のぼりを1匹増やしてみてはいかがでしょうか。
当店では鯉のぼりの単品販売を行っております。
色も橙や緑などがございます。お手持ちの鯉をご持参頂きご相談ください。

只今、店内の展示はありません。

幟は、遠く鎌倉時代から、守護神を勧請して加護を祈り、家の繁栄を願う象徴でした。
幟に描かれる図柄の勇壮な武者絵に、親が子に「強くたくましく育ってほしい」という願いを込め、「願いが天にのぼり通じるよう」に細長い幟旗に描き、庭先にたてられるようになりました。


只今、店内の展示はありません。



トップページ店舗情報お買物ガイド保管・修理・供養リンク
  Copyright (C) 2008 ningyounotokugawa. All Rights Reserved.